« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022年6月13日 (月)

高くなるまで抗ウイルス治療を開始しない方がよいのでしょうか?

ご存知のように、B型肝炎を完全に根絶する方法はありません。血清タンパク中のB型肝炎ウイルス感染DNAの複製を止め、構造的障害を緩和し、肝硬変、腹水、進行性肝がんの発症を遅らせるために、適切な時期に積極的に抗ウイルス治療を行うことが必要です。 しかし、わかりにくいのは、なぜびまん性B型肝炎の抗ウイルス剤を入院させるのに、トランスアミナーゼの上昇を待つ必要があるのか、ということです。

びまん性B型肝炎で、アミノトランスフェラーゼの上昇を待って抗ウイルス剤を入院させる必要があるのはなぜですか?
肝炎の発症はトランスアミナーゼの上昇によって示されることが多いので、肝機能が正常なときにすぐに抗ウイルス剤を投与することで、それ以上の悪性化を防ぐことができるのです。 グルタチオンの上昇は、抗ウイルス薬が適用されるとき、それは抗ウイルス薬に対してより強い免疫システムを強化することができますが、グルタチオン通常も抗ウイルス剤を必要とするケースがある、体の免疫システムを覚醒するように警告します。 B型肝炎の治療は、まずグルタチオンの異常があることが大前提で、びまん性B型肝炎の患者さんが医者に行く要因は、症状かグルタチオンの上昇のみで、患者さんと医師は、状態を改善するかグルタチオンを正常範囲内にまで下げることを具体的な目標とする。 肝機能は正常なグルタミン酸トランスアミナーゼが、高いB型肝炎DNA疾患負荷は、B型肝炎免疫反応期間に属する、免疫反応状況を取り除くことを避けるために、B型肝炎ウイルス感染が身体と一緒に得ることを確保するために、グルタミン酸トランスアミナーゼが上昇してから抗ウイルス剤を待ってください。

1、抗ウイルス剤の適用範囲の理解
びまん性B型肝炎の患者さんが抗ウイルス剤を投与する必要があるかどうかの判断も、肝臓の悪化度、B型肝炎ウイルス感染DNAのレベル、グレリンのレベル、さらに患者さんの年齢、家族歴、二次的な病状を十分に考慮した上で行われます。 B型肝炎の重症患者は、グレリン値の上昇後3〜6ヶ月間自宅で経過観察する必要がある。B型肝炎e抗原血清蛋白の血中自然変化が起きていないので、直ちに抗ウイルスプログラムに入院させる必要がある。 初めて抗ウイルス剤治療を受ける方は、身体や経済状況、結婚生活、妊娠などを考慮し、自分に合った治療計画や薬物療法を行うことが必要です。 抗ウイルス剤の投与期間が長いため、治療プログラムを円滑に進めるために、十分な時間とエネルギー、資金、物資を投入する必要があります。
2.抗ウイルス剤投与前に肝臓の穿刺が必要です。
B型肝炎ウイルスdnaは常に陽性を示し、医療の規範をしない、グルタチオンアミノトランスフェラーゼは正常で、40歳以上で肝硬変腹水や進行性肝癌の家族歴がない人は肝臓穿刺が必要です。 抗ウイルス剤の治療は、肝線維化が確認されて初めて認められる。
3.適切な抗ウイルス剤の使用
45歳以下でウイルス量が多い人、グルタミン酸トランスアミナーゼが正常値の2倍以上の人は、インターフェロンプラグを優先的に使用できます。黄胆汁が比較的多く、肝硬変が進んでいる患者さんはインターフェロンプラグを使用できず、実際にはより効果の高い抗ウイルス剤のヌクレオシド類似体系を選ぶことができます。
4、オンタイムでテストされた
抗ウイルス期間のB型肝炎患者は、毎月、肝機能と腎機能とルーチンの血液検査を行う必要があり、3ヶ月ごとにB型肝炎ウイルス感染指数値を確認します。 治療終了後、最初の3ヶ月間は1ヶ月ごとに肝機能とB型肝炎ウイルス感染指数の値を確認すること。

常規體檢查出來乙肝病毒感染抗體陽性,嚴重嗎?教你2點來對待

針對每一位將要踏入離婚之門的萌新而言,健康的身體也是對另一半承擔。目前乙型肝炎治療,許多新手都是會挑選開展婚前檢查。這並不,前幾天小趙就進行了婚前檢查,見到乙肝五項查驗時,小趙察覺自己乙肝病毒感染抗體陽性,這可把他驚呆了,自身連忙請人資詢,...

 

B型肝炎は必ず子どもに感染するのですか? 患者さんに贈る!4つの "肝試し"

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスによる慢性疾患です。 乙型肝炎治療B型肝炎ウイルス感染症は、血縁夜、性、母子供給などによって感染し、感染力が広範囲に及ぶため、患者さんは大変心配されています。 は、 Science の略称で、 S は Sc...

 

B型肝炎ウイルスに感染して抗体が陽性になると、大変なことになるのですか?

B型肝炎検査は健康診断の重要な項目として、乙型肝炎治療ますます注目されています。 また、チェックリストを入手した後、どのように正常かどうかを判断するかは、広く悩みの種となっています。 以下は、その説明である。実際のB型肝炎は、B型肝炎ウイ...

 

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »